エギのチューニング

SeaKappa

◇エギマル:【3.5SD】【 3.5UD】【4.0SD】など  チューニングしやすく 綺麗に仕上がります。
◇鉛シート:大型ホームセンターで接着シートを貼ったものが売られています (今回使用は0.5mm厚)
◇ナイフ:OLFA ハイパーAL型が使いやすいです
◇接着剤:セメダインSUPER-X
◇はさみ
◇小型のはかり
◇楊枝
◇柑橘類の皮

SeaKappa 
仕事をしやすくするため羽を輪ゴムで止めておきます。
ビニール袋などを被せておくと 輪ゴムと羽が絡まりません。
またカンナにはエギカバーをつけておくと 痛い思いをしないですみます。

SeaKappa SeaKappa
シンカーの幅2倍より大きめにカットした鉛シートに細マジックペンで型取り

SeaKappa
楊枝で指しているようにカットしておきます

SeaKappa SeaKappa
シンカーの後側に合わせて 鉛シートを張ります

 
はさみで大きく荒切りした後、 ナイフの後の爪でシートを折り曲げてゆきます

 
シンカーの中心線にナイフの刃をあわせて押し切りしますと はみ出し部分が取れます
(接着テープは残ってしまいます)

 
柑橘類の皮には両面テープの接着材を溶かす成分が含まれているので 
楊枝を突き刺しては擦ることで シンカーに残った接着テープを取り除くことができます。


 
片側が出来上がりました

 
もう片側も同じ作業で出来上がりです



もっと簡単に & すでに貼っている方へ

 
シンカーにあわせてカットするだけ、 この状態だと 着底の際角からめくれやすくなります。

 
いらない厚手の紙にSUPER-Xを少量出して 楊枝で両面テープの出ている面に塗ってゆきます。
このときボディーとの境も多めに塗っておくとリーダーが食込んだりというトラブルが少なくなります。

 
ボンドが固まるまで小さなダンボールなどにカンナを刺して固定しておきます。
台紙に残ったボンドも一緒にそのままにしておくと ボンドの硬化状況をこちらで確認できます



SDがUDの重さに                           UDがUUDに